特定技能制度について
2872887_s

特定技能制度とは

left-white right-white
pixta_82000200_M (1)

日本の外国人労働者受け入れ制度の一部として導入された制度です。 この制度は、日本の企業や農業、建設業などの労働力不足を解消し、外国人労働者に技術や職業スキルを教育・習得させるために設けられました。 特定技能実習生は、技能実習制度の下で働く外国人労働者のことで、主に以下の2つのカテゴリーに分かれます。

3522_color (1)

特定技能1号実習生

このカテゴリーの実習生は、日本で一定の技能や職業スキルを習得し、その技術を母国に持ち帰り、日本国内でそのスキルを活かすために特定の期間労働することを許可されます。技術やスキルを習得するために日本で実習を受け、その後の雇用を目指す場合に該当します。

特定技能2号実習生

このカテゴリーの実習生は、日本で特定の産業で短期間の労働に従事し、技術やスキルを習得することを目的としています。特に、農業や建設業の一時的な需要に応えるために導入されました。通常、特定技能2号実習生は最大5年間までの滞在が認められており、その期間内に技能を習得し、帰国することが期待されています。

受け入れのルール

外国人技能実習生制度について、入国管理法などに一定の要件が設けられて以下の条件を満たす場合に実習生を受け入れることができます。

特定技能実習生

18歳以上(高卒以上の学歴者)
母国で受入れ職種の経験がある者
日本で習得した技術を母国で生かせる者(復職が可能な者)

受け入れ対象国

①ベトナム ②フィリピン ③インドネシア ④カンボジア ⑤ミャンマー⑥モンゴル ⑦中国をはじめとする東南アジア諸国

Villa_savoye-livingroom


よくある質問

  • Q
    特定技能の期間は何年ですか?
    A

    特定技能1号 在留期間 通算最大5年間(1年、6か月又は4か月ごとの更新)

    特定技能2号 在留期間 3年、1年又は6か月ごとの更新で、更新回数の制限なし

  • Q
    特定技能はどの様な仕事で受け入れ可能ですか?
    A

    介護、建設、農業等の政府が指定した12産業分野(14業種)で

    受け入れ可能(詳しくは担当者までお尋ねください。)


  • Q
    特定技能にかかる費用は?
    A

    受入業種、地域、人数期間等のケースによって異なります。 
    詳しくは、担当者がお見積りします。

スマホ買取・修理2
お問い合わせへ

pixta_78731130_M (1)
シミュレーションする

ダウンロード (5)
特定技能制度とは

どのように特定技能実習生を受け入れるのかが分かります。