3つのメリット

特定技能実習生
01

コスト面での

メリット

特定技能実習生は一般的に比較的低コストで雇用が可能です。

機関
02

人材面での

メリット

実習生は現地の送出し機関において、書類審査、健康診断、面接等の厳しい審査基準をクリアした人材です。

また、実習生は、非常に真面目で実習意欲の高い人材であり日本人従業員の競争意識、意欲向上にも繋がります。

企業文化
03

企業文化への

メリット

実習生は18歳以上の若年層であり、受入企業内の職場の活性化につながります。

また、発展途上国の産業経済発展のための国際貢献になり、実習生との異文化交流によりアジア各国とのビジネスへの拡大・確保により経営の国際化につながります。

特定技能実習生を受け入れてよかったこと

受け入れ企業の声